多汗症はなぜ起こる?有効な治療や対策

“多汗症は様々な原因が考えられており、ストレスや不安といった心の乱れで症状が出るとされます。人が緊張状態になると交感神経が優位に働き、汗をかきやすくなるためです。他の人に比べて多汗症になるほど酷い人は、この働きが過敏になっている可能性があります。
新陳代謝に問題があったり、循環器系や神経系の病気を患っている人は、症状の一つとして多汗症が見られる例があります。
更年期や生理などホルモンバランスが変化する体質も、多汗症を発症する原因の一つです。また、生活習慣の乱れが症状を誘発するとも言われています。
対策方法として原因がはっきりせず症状がよほど酷ければ、皮膚科で診てもらうのが一番です。外用薬を使うのが一般的で、高い制汗作用を持つ塩化アルミニウム外用薬を症状のある場所に塗ります。適度に塗り直すことでワキや手のひらなどから発生する汗を防ぎ、日常生活が幾分楽になります。
保険適用外の治療として、ボツリヌス菌を患部に注射する方法が存在します。ボトックス注入などとも呼ばれる治療法です。メスを使わない簡単な施術で体への負担がとても少なく、すぐに日常生活を送れます。但し、その効果は約半年程度と限定的です。
病院の外用薬ほどではないものの、有効な汗止めクリームが市販品として売られています。症状が比較的軽度であれば、このような手軽に入手できるクリームで対策するのもおすすめです。
これらの方法に加えてストレスを上手に発散する、生活習慣を見直すなど改善を同時に行うのも多汗症には有効です。”